建築

木造文化財建築修復のオリジナリティについて

木造文化財建築は修復の際に傷んだ部材を取り替えていく。それを繰り返しているうちに、いずれ当初の部材はすべてなくなり、交換された部材で成り立っているということになる。これは果たしてオリジナルの建造物と言えるのだろうか。ギリシャ哲学の「テセウ…

一橋大学兼松講堂

だいぶ前に撮った画像ですが載せていなかったので今回載せてみます。 一橋大学の兼松講堂です。 著名な建築家、伊東忠太の設計により1927年(昭和2年)に建てられました。 国の登録文化財になっています。 内部もなかなか洒落た造りです。 兼松講堂の細部装…

国立西のちょっとライト風の古い住宅

以前も謎の空き家として取り上げたことがありますが、国立西側に古い住宅があります。ちょっとライト風でなかなかいい雰囲気です。その住宅の正体が分りました。 旧高田邸と言って、昭和4年(1929年)に建てられた住宅だそうです。(旧高田邸と国立大学町 〜…

国立大学通りの古くていい感じの住宅

国立の大学通りにちょっと洒落た古い住宅があります。 洋館というほど派手なものではなく平屋のこぢんまりとした建物ですが、白く塗られて可愛らしい感じで、文化住宅というのでしょうか。 いつごろの建物かははっきりしませんが、おそらく戦前まで遡るので…

東京の古いビル 西新宿

新宿西口の裏通りの角に建つ昭和信用金庫新宿支店の三階建て(三階部分は増築か)ビルにはなんとなく古いたたずまいがあります。 側面が様式建築を簡素化したようなデザインになっています。壁面は白く塗り潰されていますが石積み風の目地も見えます。 いつ…

東京の古いビル 秋葉原

秋葉原の西外れにある第一電波ビル。1956年(昭和31年)築のかっちりしたビルです。すでに50年以上経つビルですが手入れがよくて奇麗な状態です。 手前の8階建ての部分が新館、奥の5階建ての部分が旧館です。1956年築は旧館の部分で、新館の方は1964年築らし…

東京の古いビル 飯田橋東口

飯田橋東口の線路沿いにある、寶紙業株式会社の寶紙第二ビル。全体が薄緑色のちょっとごつい4階建てビルで、屋上にも2階分増築されています。 昭和30年代ごろの建築だと思われます。 千代田区飯田橋3-7。

東京の古いビル 神田駿河台

神田駿河台にある日本大学理工学部2号館。 明治大学の裏側、山の上ホテルの隣にあります。 いつ頃の建物かよく分かりませんが、角張った作りで、縦長の窓が規則正しく並ぶあたりが、質実剛健な昔風の学校建築に見えます。現存しない日大理工学部旧一号館が昭…

大垣駅南口前の古いビル

Googleのストリートビューで、岐阜県の大垣駅南口前にかなりボロボロの古いビルを見つけました。駅前の高屋町交差点の北西の角に二棟並んで建っています。 一枚目の画像は南東から見たところ、二枚目の画像は北西から見たところです。 一枚目の画像で右が大…

立川の柴崎浄水所

立川市柴崎町にある東京都水道局柴崎浄水所の建物です。 どこか昔風のモダニズム建築を思わせます。いつ頃の建物かよく分かりませんが、意外と古いようにも、案外新しいようにも見えます。(窓のサッシなどは新しいでしょうが。)

川越の看板建築2

蔵の並ぶ通りにある看板建築。洒落た作りですが現在は空き店舗のようです。左に見える塔屋のある建物は埼玉りそな銀行川越支店です。 時の鐘のある通りの看板建築の洋品店。色合いが可愛らしいです。 蔵の通りの入り口付近にある洋館風の建物。店舗だったの…

川越の看板建築1

川越市役所の斜め向いにある三階建ての銅板葺き看板建築の手打ちそば百丈。もとは釣具店として昭和5年(1930年)に建てられたそうです。(百丈のサイト参照。) 東京の看板建築は法令で三階建てが禁止されていたので屋根裏部屋の形で三階を設けていましたが…

川越の古いビル

アクサ生命川越営業所の二階建てビル。 昭和3年(1928年)に埼玉農工銀行川越支店として建てられ、その後、日本勧業銀行川越出張所、川越商工会議所と変遷を経てきたそうです。 埼玉県川越市松江町2-1-8。 上の建物の近くにあった雑貨屋。かなりボロボロです…

秋葉原の煉瓦造りの倉

先日、秋葉原の東はずれの青島という店でラーメンを食べた際に、近くに煉瓦造りの倉を発見しました。 美術印刷(株)文唱堂倉庫と扉に書いてありました。 昭和2年(1927年)頃の建物だそうです。 東京都千代田区神田佐久間町3-16。

東京の古いビル 秋葉原の変なビル

秋葉原の北東のはずれに変なビルを発見しました。 古くてくたびれた様子のビルですが、どうやら何かの事情でビルを一部解体したらしく、ビルの壁から構造体(梁と床)の断面が突出しています。 このビルはミツワビル2といい、昭和40年代ごろの建物と思われま…

東京の古いビル 立川

立川市高松町3丁目にある立川税務署です。 各階に庇を張り出させたデザインがいかにも昭和中期頃の戦後の役所建築といった趣です。 こういう役所建築らしい役所建築も次第に消えていくのでしょう。 (追記) 立川税務署は離れた新庁舎に移転したそうで、この…

立川市高松町三丁目の廃ビル?

立川市高松町3丁目の住宅街の狭い路地に廃ビル(というほど大規模ではないですが)とおぼしき建物が建っています。 上階になるほど狭くなる4階建ての建物ですが、作りから見て何かの寮あるいは病院だったのかもしれません。立川に米軍基地があった時代、この…

東京の古いビル 新宿二丁目交差点

新宿御苑の近く、新宿通りの新宿二丁目交差点の南西の角に少々変わったビルが建っています。 この「探偵」という看板がかかっているビルです。 北側から見ると幅が非常に薄っぺらく見えます。南側に向って広くなっているものの全体的にも薄いビルです。 この…

東京の古いビル 新宿二丁目

新宿通りの新宿二丁目東交差点の北東の角にある新宿堂という時計店の四階建てビル。 簡素な作りに見えるので、高度成長期、昭和30年代ごろのビルだと思われます。 東京都新宿区新宿2-7-6。

東京の古いビル 新宿三丁目

新宿伊勢丹の斜向かい、新宿三丁目交差点の近く、JTBのビルの南隣に山本ビルという古くて小さなビルがあります。 間口も狭い四階建ての小雑居ビルです。いつ頃の建物か判然としませんが、煉瓦状のタイル貼りでかなり汚れてくたびれた感じなので、これも高度…

東京の古いビル 神田淡路町

1965年(昭和40年)建築の山崎ビル。 正面の窓の様子などがいかにも高度成長期を感じさせるデザインの4階建てビルです。 東京都千代田区神田淡路町2-21。

川越の古い建物

川越の一番街通りにある長島家住宅(幸すし乾蔵・明治蔵)です。 右側の建物は和風の蔵の手前の部分を洋風の作りにした明治30年代頃の建物、左の部分は大正時代ごろの建物。これらは店舗兼住宅として建てられましたが、現在は創作ちりめん布遊舎の店舗になっ…

神田神保町にあった看板建築

神田神保町の古書店街の真ん中へん、靖国通りに面して、四軒長屋になっている看板建築がありました。 左から奥野書店(二軒分)、三鈴堂眼鏡店、すでに営業していなかったと思われるレコード店ですが、ここの少し東にも同じデザインの一軒があったので、この…

神田神保町にあった看板建築

神田神保町の駿河台下を少し下ったところ、洋品店ダンのすぐ近くに、看板建築の、桃牧舎という喫茶店がありました。店名の通り、桃のレリーフが二階の窓の間にあり、さらに桃のオブジェも吊されていました。この建物は2001年頃まで建っていたようです。 隣に…

神田神保町にあった看板建築

神田神保町の駿河台下からもう少し下ったところ(東京都千代田区神田神保町1-23)にあった看板建築、ダンという洋品店です。 看板建築にしては凝った造りで、二階にバルコニーがあったり三階の屋根窓があったりと、ちょっとした洋館の趣がありました。 二階…

東京の古いビル 新宿東口

新宿駅東口を出たところ、アルタの隣に細長い(薄い)ビル2軒と商店が1軒建っています。 ビル名称は不明ですが、宝石店やカフェ(Bope)が入っています。間口は狭いものの奥行きがあります。商店は百果園という果物店です。店頭で串に刺したパイナップルなど…

神田神保町すずらん通りにあった看板建築

千代田区神田神保町の古書店街の靖国通りから一本南に入った裏通りのすずらん通りにかつては看板建築がいくつもありました。 この一帯も今ではビルに建て変わり看板建築はほとんど見られなくなりました。 これらの画像は1990年代の半ば頃撮った写真です。 だ…

東京の古いビル 兜町

昔の写真を整理して出てきた、この大きな古いビルはすでに存在していなそうだから、消えた建築の方に載せる題材かと思って調べたところ、現存していました。 兜町の日証館ビルという昭和3年(1928年)建築のビルです。基部のアーチや石造りで重厚感がありま…

京橋にあった謎のビル?

東京都中央区京橋2-12の交差点(地下鉄浅草線室町駅のある所)の北西の角にかつて不思議な建物が建っていました。平屋の建物にしては作りが妙に立派な、まるでビルが一階部分だけになったような建物です。東信商事という会社の社屋のようです。 この画像は19…

銀座にあった謎のビル

銀座の泰明小学校の近く、高速道路の脇にあった正体不明のビル。4階建ての古いビルの上に増築して5階または6階建てにしているように見えます。そのためひどくバランスが悪く感じます。ビル名称不明で1980年代の末にこの写真を撮影した時点ではすきや苑という…