台湾

今日の食べ物 牛串

谷保天神の祭礼で国立駅前に縁日の屋台が出ていたので牛串を買って道端で食べました。祭の御輿が通るので旭通りが自動車通行止めになっていました。この牛串はカルビと称して売っていたものですがどうも成型肉のようです。

台湾彰化の古いビル

1990年代の前半、台湾へ行った時に、中西部の街彰化で見かけた古いビルです。 赤レンガの三階建てで横に長い長屋的なビルです。 現役で使われているビルですが、だいぶくたびれた様子がちょっと廃墟的雰囲気を醸し出しています。テナントにはどういう理由か…

台湾、台北の古いビル

1990年代の中ごろに台湾に行った時に台北で撮った写真です。現在もこの状態なのかは分かりません。 場所は円環の近く、古くてだいぶくたびれた様子のビルが並んでいます。 古いアパートとおぼしき建物。 台北の浅草のような萬華地区にある龍山寺。

台湾基隆

20年近く前に台湾に行った時に北部の街基隆(チーロン)で撮った写真です。 開漳聖王廟。 この時ちょうどお盆にあたる中元節の時期でした。 台湾では中元節に豚を丸ごと供える習慣があります。 盥に入っているのは豚の臓物です。豚の下には羽を毟った鶏もあ…

台湾基隆の古いビルなど

20年近く前に台湾に行った時に北部の街基隆(チーロン)で撮った写真です。 台湾には古くてかなりくたびれた様子のビルが多く残っていました。 基隆の通りにも赤煉瓦造りの古いビルが並んでいます。 裏通りに入るとさらにくたびれたビルが並んでいます。 一…

台湾 新港奉天宮 その2

凌雲宝殿という高楼に上って参道を見る。 凌雲宝殿に祀られている道教の最高神玉皇大帝。 正門部分。 正面脇の金爐。ここで模造紙幣を燃やして神様に捧げます。ところによっては比較的簡素な金爐もありますがここの金爐は大きくて装飾で埋め尽くされ非常に派…

台湾 新港奉天宮 その1

1997年に台湾へ行った時、北港朝天宮を訪れた(→ *)あと、北港の東隣の町、新港へ寄って奉天宮を見てきました。 新港は北港の住民が新しく開いた町で、奉天宮は北港朝天宮が1797年の洪水被災の際、大陸から運ばれた台湾最古の媽祖像をここに移転させたこと…

台湾 北港朝天宮 その3

軒先の隅で屋根を支えている小さな人がいました。 同上、拡大。屋根の上の彫刻は何かの戦闘シーンのように見えます。 破風の下の壁に瓢箪型の飾りが。 屋根の彫刻。 境内に売店があり、仏具などを売っていました。 朝天宮の参道には屋台の食べ物屋が並んでい…

台湾 北港朝天宮 その2

境内の香炉。 軒裏の組物が緻密であるのも中国建築の特徴です。 細かい彫刻がびっしりと。彩色は剥げや色あせが目立ちますが近年塗り直されたようです。 天井の一部。額には「笨港媽祖」と書いてあります。笨港とは北港の旧名。 (その3へ続く) (その1へ…

台湾 北港朝天宮 その1

1997年に台湾へ行った時、台湾中西部の地方都市北港を訪ね、朝天宮を見てきました。北港は鉄道が通っていないので嘉義で降りバスで行きました。 ちゃんとした地図を用意していなかったのでバスを降りてから朝天宮にたどり着くまで結構迷ってしまいました。 …

台湾新竹城隍廟の子猫

かつて台湾に行った際、北部の街、新竹の城隍廟の夜市を訪れると、暗がりに子猫が何匹も遊んでいるのを見つけました。 城隍廟とは街の神様城隍神を祀る廟で台湾のたいていの街にあるようです。新竹の城隍廟がもっとも代表的とされています。 親猫はどこかに…

台湾、鹿港の古いビル

台湾中西部の古い町、鹿港で見かけた古いビル?、蔦に覆われた状態です。ビルの隣の家は完全に蔦に覆われて姿がはっきりしません。

台湾、鹿港の古いビル

台湾中西部の古い町、鹿港で見かけた古いビル、あるいはビル風の町屋。左の三階建てビル?はちょっと表現派的な意匠で、右のは日本の「看板建築」に近いです。一階部分にアーケード(亭仔脚)を作ってあるのが台湾のスタイルです。

台北で見た壁面がうねった古いビル

台北の駅(台北車站)の南側で見た道なりに壁面がうねうねした雑居ビル。11階建てで横のボリュームも大きいです。だいぶ古びた様子です。 古そうなビルでも戦後(日本が引き上げた後)の建築だと思いますが、このような壁面のうねらし方は日本のセンスとはま…

台北の古いビル

先日の続き、台湾、台北の大稲呈地区の古いビル。 この建物は西洋風のバロックな作りが凝っています。 これも付け柱やエンブレムがあったりして良い味が出たビルです。古び方もいいですが現在は化粧直しされているようです。 このビルも装飾が凝っています。…

台湾の古い町家

先日の続き、台北の大稲呈地区の亭仔脚(アーケード)。内側の様子。 大稲呈地区。三階建て程度の古いビルもあったりします。

台湾の古い町家

台湾、台北西部の大稲呈(呈は正しくは土偏に呈)地区の古い家。 日本の「看板建築」に似ていますが、台湾の建物は通りに面した部分にはアーケードが作り出されていて、そこが日差しやスコールを避ける歩道になるし、住宅用途であっても一階には店が開けるよ…

旅の思い出 台湾 基隆の廃墟

90年代に台湾を旅した時、北部の街、基隆(チーロン)の駅近くに、廃墟発見。画像奥の塔屋のあるビルがそれです。 台湾の地方都市には古くてくたびれていても現役の建物が多いのですが、これは本当の廃墟と思われました。 屋上には木が生えています。

サブカル雑誌『OUT』1978年10月号の海賊版特集

1990年代半ば頃まで出版されていた『OUT』(みのり書房刊)というアニメ雑誌があって、本来はちょっとエロっぽいサブカル雑誌として創刊されたのが、1970年代の終わり頃の創刊間も無いころ、アニメを特集したところ受けたので、そのままアニメ雑誌の路線に突…

旅の思い出 台北の病院の前で(ややグロ注意)

10年ちょっと前に台湾に行った際、朝、台北の街を散歩していると、何やら病院らしいところの前のアーケードの中に毒々しい写真が・・・・ よく見ると肛門病院でさまざまな痔疾の患部写真でした。うわ〜、こんなものを見えるところに掲げないでよ。。。でも、…

旅の思い出 台湾

台北駅付近のボロい建物。鉄路局という現役の役所らしい。 台北の「円環」という円形の屋台村みたいなところの中心部。かなりくたびれた感じ。この後、再開発されても振るわず消滅したという。(追記、2012年にさらにリニューアルされて再オープンしたそうで…

昔の思い出 台湾の電子琴花車

10年ちょっと前に台湾に遊びにいった時、北西部の竹南という小さな街のはずれをうろついていたら、「電子琴花車」を見かけました。これは、冠婚葬祭などの時行列が練り歩く習慣があり、それに伴う華やかに飾り立てた舞台付きのトラックのような車で、音楽を…

台湾

台北の西部に、大稲呈(じっさいは土へんに呈)という地区があり、そこには画像のような古びた建物が残っています。 十年前の写真ですから今はもうないかもしれません。 こういう古い建物が建った頃、ここは台北の中心街でした。 台湾の街並の特徴は、建物に…